M & Y Office
Lumiere

Photo1 Photo2 Photo3 Photo4 Photo5 Photo6

PROFILE

●三村 伸 2015PX3金メダリスト(コマーシャル部門/建築カテゴリー)
山口県下関市生まれ。父親がNHKの映像取材部のカメラマンだったため、父親が赴任地を転々とする度に横浜市、山形市、甲府市、東京…と転校を繰り返す。スチールカメラマンのアシスタントになろうと、当時まだ黎明期であったインターネットを検索し、柳沢のWebサイトにたどり着く。数少ないポートフォリオを大切に抱え、緊張して面接に臨んだ。が、ポートフォリオを丁寧に見終えた柳沢は優しい微笑みを浮かべ「すばらしい才能だ。君の作品は必ず世界的に認められる日が来ると思うよ」と。
【柳沢先生のアシスタントとしての歩み】
柳沢の指導は厳格だった。と同時に万物への慈愛にも満ちていた。写真の技術ばかりか、プロの写真家たるもの人間としてどうあるべきかを身をもって示した。たとえば日ごろの態度や考え方、生きざまが写真に出てしまうとも。写真を撮るには、被写体に対する思いやりこそが一番大切だと叩き込まれた。ポートレートは当たり前だが、モノ言わぬ風景を撮るときでも、被写体に対するいたわりや気くばりが必要だと悟らされた。さらには写真を撮る瞬間でもそれ以外の場面でも、学校の試験のように模範解答を一つだけ得て満足するのではなく、自分の限界まで知恵をふりしぼって数多くの解答を探すように求められた。失敗の許されない撮影の現場においては何が起きるかわからない。どんな想定外のことが起きても決して動揺しないように、可能な限り数多くの保険をかけるように指導された。時代がデジタルに完全移行してからは、特に色彩に対するこだわりが求められた。たった一枚の写真を仕上げるために数十通りもの方法を試して、自分の頭の中にある記憶色をどう忠実に表現するのかも柳沢の背中から学ぶ。
【お礼の言葉(三村→柳沢)】
写真家としての柳沢先生は、ひとことで近寄りがたいほど「怖い人」でした。なぜ、そう思ったかというと、いつも命を削りながら写真を撮っていらっしゃったからです。「今日は○○の写真を□□のイメージで撮りたい。それさえできれば、もうオレは死んでも悔いはない」そんな感じです。まるで写真に命を捧げる殉教者みたいでした。先生の背中を眺めながら 夢中で追いかけて、ついに私が辿り着いたのがPX3の金メダルでした。
●柳沢 雅彦 2016PX3金メダリスト(ネイチャー部門/水中写真カテゴリー)
1957年、岐阜県高山市生まれ。下関市立大学経済学部を首席で卒業。中日新聞記者を経て、1988年フリーランスの写真家に。
写真集「美しき強者たち」「挑戦者の肖像」と立て続けに上梓し、スポーツ写真家として不動の地位を築く。オリンピック、世界選手権、ワールドカップなどスポーツの国際舞台で活躍。
1996年には社交ダンスをテーマにした写真集「DanceダンスDance」を玄光社から発表し、今は亡き国際的版画家の池田満寿夫氏から絶賛される。
作品群は新聞、雑誌、ポスター、CDジャケット、ジグソーパズルなどで多彩に取り上げられ、カメラ雑誌の講師や写真コンテストの審査員なども務める。
また1998年から始まった月刊ダンスビュウ(モダン出版)の表紙の連載は大好評を博し、同誌の黄金期に貢献した。競技ダンサーを甘く美しく描く作風は熱烈な読者の支持を広げ、2016年春の突然の引退宣言まで満18年間のロングランになった。
(社)日本写真家協会会員、国際スポーツプレス協会会員。
【お礼の言葉(柳沢→三村)】
私はスポーツ写真家を経てダンス写真家になるという自分の夢を意外なほど容易に叶えました。しかし国際的に認められる次世代の写真家を育てるという願いはなかなか叶わず「指導者としての資質に欠けているのでは?」と長い間ずっと悩んできました。私の挫折感を一瞬にして吹き飛ばしてくれたのが、三村 伸君です。三村君はテクニカルディレクターとしてダンス雑誌の表紙の連載を強力にサポートしてくれました。絶大な信頼を寄せてきた三村君が海外で高く評価されたのは、出会った瞬間から予想していたとはいえ、私の写真家人生で自分のこと以上に嬉しい出来事でした。 三村君、どうもありがとう!
profile

photo gallery

photo collection

ABOUT

M&Y事務所 / リュミエールとは
M&Y事務所 / リュミエールとは国際フォトコンテスト(PX3)広告写真部門・建築カテゴリーで金メダルを獲得した気鋭の写真家、三村 伸と彼を育てた師匠、柳沢雅彦の共同写真事務所です。
ふたりは銀塩(フイルム)とデジタルの長所や短所をあらゆる角度から研究し、豊かな色彩と深みのある新しい映像を目指しています。

PX3とは・・・
ヨーロッパで最も人気と権威のあるフランス国際フォトコンテストのPX3は"The Prix de la Photographie Paris"のことで、2007年から毎年開催されています。 アメリカ国際フォトコンテストのIPAすなわち" International Photography Awards"と双璧をなす世界的に有名なコンテストです。
PX3の審査員はパリ、ロンドン、イタリア、ニューヨーク、ロサンゼルス、モスクワなどで活躍するフォト・エディターやアート・ディレクター、キュレーターなどで構成されています。
about

CONTACT

M & Y 事務所/リュミエールへのお問い合わせは下記「メールフォーム」から
お問い合わせいただけます。
担当者がメールにてご回答致します。


お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容

CONTACT